《オーストラリア》豪の気候(ゴールドコースト編)

《オーストラリア》豪の気候(ゴールドコースト編)

さて、前回に引き続き、オーストラリアの気候についてお届けします。

今回は、ゴールドコースト。ゴールドコーストも日本人に人気の都市。サーファーにも人気です。

ゴールドコースト ビーチ

ゴールドコーストの気候

私は、2度程旅行で行った程度ですが、行く前は暖かくて半袖のみで過ごせると思っていましたが、オーストラリアの夏の期間を除いては、日が暮れた後は長袖が必須です。夏でも薄手の上着を持っていた方が安心だと思います。

季節ごとの気温

1年を無理矢理四季に分けて、平均気温を比較すると、
春(9〜11月)
最高気温:20〜25℃
最低気温:15〜20℃

夏(12〜2月)
最高気温:30℃前後
最低気温:20℃前後

秋(3〜5月)
最高気温:20〜25℃
最低気温:15〜20℃

冬(6〜8月)
最高気温:20℃前後
最低気温:10℃前後

といったところでしょうか。

日本ほどではありませんが、冬の日没後〜明け方は冷え込むことが分かると思います。

夏の時期でも雨量はそれほど多く無く、1年を通して晴天率が高いことでも有名です!!日差しも強いので、冬の時期でも、サングラス、日焼け止めはあった方が◎。

最後に

ゴールドコーストはサーファーズパラダイスが有名ですが、その辺りは高層ビルも多く、ケアンズに比べると近代的なイメージです。ビーチも目と鼻の先で、ビーチ好きにはたまらないでしょう。

サーファーズパラダイス
ゴールドコーストシティ

次回は、私がオーストラリアで滞在した都市、シドニーです。

スポンサーリンク

コメントを残す

*