《オーストラリア》豪の気候(メルボルン編)

《オーストラリア》豪の気候(メルボルン編)

先程に引き続き、本日2度目の更新。

今回は、オーストラリアで2番目に大きな都市、メルボルンの気候です。

ヤラリバー

メルボルンの気候

私は現在この街に住んでいます。正直に言って、今まで紹介してきた他の都市と比べて、お世辞にも天気が良いとは言えません。メルボルンは気まぐれなんです。天気がコロコロ変わります。

シドニー同様、春:9〜11月、夏:12〜2月、秋:3〜5月、冬:6月〜8月のはずなんですが、個人的な感覚では、夏が短く、冬が長いイメージです。特に冬は晴天が少なく、外が1日中暗いなんてこともしょっちゅうです。南極方向からの冷たい風の強い日が多いです。

季節ごとの気温と服装

まずは春。最高気温は、20℃前後、最低気温は、10℃前後。

服装は、基本的には長袖。日中、日が出て暖かくなってきたら、上着を脱ぐというスタイルが良いでしょう。

夏は、最高気温、25〜30℃前後が多く、最低気温は、10〜15℃。

夏でも朝晩は寒い日もあります。ただし、朝寒いからといって、日中が涼しいかというと、そんなわけでもなく、突然35℃を超える日もあるので、天気予報はしっかりチェック!!メルボルンもこの時期は日差しが強いので、他都市同様、日焼け止め、サングラスは必須です。

秋は、春と同じ様な気温ですが、春よりも天気の悪い日が多い気がします。。

最後に冬。最高気温15℃前後、最低気温5〜10℃。

冒頭に書いたように、晴天が少なく、暗い日が多いです。市街地では、マイナスになるということはほとんどなし。東京と似たような気温ですので、服装も同じで大丈夫です。(北海道、東北仕様の服装では、相当な寒がりの人を除いては、暑いと思います。)

近くにスキーリゾートもあり、ウィンタースポーツが楽しめます!!

しかし、この時期でも、半袖のオージーを見かけることもあります。基本的な体の仕様が違うのでしょう。真似はしないことをお勧めします。

メルボルンの特徴ですが、1日のうちで天気がコロコロと変わることです。つい先日も、35℃を超えていたのに2時間後には20℃まで下がっていたことがありました。そんなわけで、1日の中に四季があると言われます。

気温がいきなり変わったりということが多いメルボルンでは、急に寒くなっても大丈夫なように、常に上着を持ち歩くことをお勧めします。急に雨が降ることもありますが、強い雨や、長く降り続くことはあまりないので、それほど心配する必要は無し。

最後に

天気について書いてみたら、ネガティブな情報が多くなってしまいましたが、比較的、日本と近い気候だと思うので、日本人にとっては住みやすいかもしれません。

学校もたくさんあるので、世界中の学生さんに人気の留学都市です!!

また、街並み、自然、観光地等すばらしい場所がたくさんあるので、嫌厭せずに是非1度訪れてみて下さい。4月から、JetStarが成田からメルボルンへの直行便を運行するらしいですよ!!

Melbourne_Beach.jpg
Melbourn_City.jpg

次回は、オーストラリアの気候についての最終回です。今まで触れなかった都市について書きたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

*