《オーストラリア》豪の所得税納税システムについて

《オーストラリア》豪の所得税納税システムについて

今日はオーストラリアの所得税について。

オーストラリアの所得税納税システム

オーストラリアでももちろん、所得税を支払わなければなりません。
日本と同様累進課税となっており、収入に応じてパーセンテージが変わります。
詳細は下記のリンクを。
Income tax rates

また、日本では自営業者は個人で確定申告をしますが、会社員の場合は会社が源泉徴収してくれます。しかし、ここオーストラリアは会社員も自分でタックスリターンという処理を行わなければなりません。

オーストラリアのファイナンシャルイヤー(決算期)

日本は3月決算ですが、オーストラリアは6月になります。

よってオーストラリアのファイナンシャルイヤーは、7月から始まりますので、通常7月〜10月の間に、前年のタックスリターンを行います。

会計士にお願いすることも出来ますが、私は毎年自分でやっています。

収入元が複数あったり、個人事業をやっている場合は、会計士にお願いした方が、節税という意味でも良いと思います。

タックスファイルナンバー(TFN)

タックスリターンにあたっては、タックスファイルナンバー(TFN)という、納税者番号が必要になります。

タックスファイルナンバーは、オーストラリアで働くために必ず必要ですので、問題にはならないかと思います。

申請方法のオプション

最新の情報は未確認ですが、私が初めてタックスリターンをしたときは、オンラインで申請が出来ず、指定の書類を手書きして郵便で送りました。この書類は郵便局等で入手できます。

1度タックスリターンをすると、Notice of Assessmentというものがタックスオフィスから送られてきて、そのリファレンスナンバーを入力することで、次の年からオンライン申請が可能になります。

もちろん、2年目以降も紙ベースで申請することはできますが、オンラインの方で必要項目を入力する方が簡単に申請できますので、ほとんどの人は、オンラインベースで申請をしています。

タックスリターンとは言いますが、税金を余分に払っていた場合には戻ってきますが、足りない場合は、もちろん支払わなければなりません。

おすすめの会計事務所

最後に、私が何度かお世話になりました会計事務所をご紹介します。

「Ezy Tax Solutions」という会計事務所で、日本人の会計士さんがケアンズやっておられます。

ホーム

こちらでオンライン申請しましたが、とても迅速に申請していただきました。また、質問に対する回答もすぐに送っていただけて、とてもお勧めです。

スポンサーリンク

コメントを残す

*