《オーストラリア》豪の賃貸の探し方と必要書類と手続き方法

《オーストラリア》豪の賃貸の探し方と必要書類と手続き方法

今日は賃貸の話です。

こちらで家を借りようとすると、不動産屋(Real Estate Agency)によっては、6ヶ月で大丈夫という話も聞いたことはありますが、通常1年は滞在できるビザを求められます。

そのため、学生ビザやワーホリビザでも借りることは出来ます。
ただし、安定した収入が無い場合、ある程度の銀行口座の残高、場合によっては、保証人が必要になります。

細かい部分は不動産屋によって変わってきます。

家の探し方

実際の家の探し方ですが、ウェブサイト(realestate.com, Domain 等)で情報収集し、そこにオープンインスペクションという見学の日が指定されていたら、その日時に直接その物件を見に行きます。

不動産屋に直接質問も出来、気に入れば申込書をもらい、記入して提出します。申込書は、その場で記入する必要は無く、家に帰ってから記入し、メール等で送付します。

オープンインスペクションが設定されていなければ、直接不動産屋に電話をして下見の予約をします。

この時点で、もう住む人が決まっていると言われる場合もあります。更新されたばかりの情報なのに、この短時間でどうやって決めたんだろうという疑問もありますが、オーストラリアではそれほど珍しいことではないので、あまり気にしない方が良いです。

不動産屋によってインスペクションのやり方は異なり、その物件で担当者と待ち合わせで下見という場合もあれば、不動産屋に行き、デポジットを払い、鍵だけ受け取り自分たちで勝手に見に行く場合とあります。

こちらも気に入ったら、申請書をもらい、記入し提出します。

家を借りる際に必要な書類

申請書の提出の際、追加資料が必要となります。(必要資料は不動産屋によって異なります)
下記資料は代表的なものです。

・パスポートコピー
・オーストラリアの免許証
・ビザコンディション
・給料明細
・銀行口座の残高証明

これに、勤務先などからのリファレンスレターがあると有利です。

これらの資料をもとに、不動産屋がその物件のオーナーと相談して誰に貸すかを決めます。

そのため、応募したから必ず住めるというわけではありません。

特に、学生やワーホリの場合は、他に安定した収入がある応募者がいる場合、不利になります。

住む場所が決まったら

住む場所が決まれば、契約書の内容を確認して、サインをしてボンド(敷金)を預けます。

このボンドは、不動産管理ではなく、オーストラリアの政府が管理するお金ですので、必ず政府より預かり証が送られてきます

その後、入居前に最初の月の家賃を払い、鍵を受け取り入居となります。

入居後は、半年に1回、不動産屋が家の状態の確認にきます。

私の場合は、仕事をしながら探したので、時間もなく、大変でした。

住むところが無くなるというのは、かなりストレスになるので、時間に余裕を持って探されることをお勧めします。間違いなく、日本で家を探すより数倍難しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

*