自分自身への戒めのためのメモ

自分自身への戒めのためのメモ

なんか、TwitterとかSNSを見ていて最近ちょっと思うこと。

なんだか自分と違う意見を主張されると、過剰に反応する人が多い気がする。

それが明らかに誹謗中傷とかであるなら分かるんだけど、建設的な意見であっても喰ってかかる。端から見てると、ただ単に自分の意見と異なるから全力で否定しているようにしかうつらない。

そんなことを言っている私自身も、昔は、人の意見を聞くのが苦手だったし、今でも場合によっては受け入れられなかったりするので、なんとなく理解できるんですが、結局それって自分が損しているだけなんだと思う。

自分と異なる意見をもらったときにこそ、自分の意見が本当に正しいのか再確認する機会になったり、違った角度からの物の見方を知れたり、いろいろと勉強になることが多く、自分自身が成長できる時でもあると思う。

自分が信じていることを否定されて気持ちいいっていう人はあまりいないと思うけど、人それぞれ、いろいろな考え方があって、それを許容、吸収することで、自分自身の幅って拡げられると思う。

老若男女関係なく、いろいろな人の意見を聞いて、たとえ自分と異なる意見であっても、「なんでこの人はそう考えるのかな?」という風に興味を持ってみると良いのではないでしょうか。

なんか偉そうな内容になってしまいましたが、ここのところ気になっていたので、忘れる前にブログに残しておきたいと思います。気になったこととかすぐに気にならなくなってしまうので…まぁ1番は、タイトルの通り私自身への戒めなんですけどね。

スポンサーリンク

コメント0
TAG :

コメントを残す

*