《オーストラリア》豪の銀行での口座開設方法と口座維持費について

《オーストラリア》豪の銀行での口座開設方法と口座維持費について

今日は、オーストラリアの銀行についてです。
銀行によって、多少異なる部分もあると思いますが、概要として参考にしてみて下さい。

オーストラリアの四大銀行

オーストラリアには四大銀行と呼ばれる、大手の銀行があります。コモンウェルス銀行、ANZ銀行、ウェストパック銀行、NAB銀行です。これらの銀行であれば、オーストラリア全土、銀行の店舗やATMは見つけやすいと思います

そのため、ワーキングホリデーで来られる方で、ファームに行くことや、ラウンドすることを考えている方は、これらの銀行から選ばれると良いと思います。

これらの銀行以外にも、多くの銀行がありますが、日本の地方銀行のような位置づけであり、オーストラリア国内のカバー率でいくと、四大銀行には及びませんので、留学等で一都市に滞在される方は良いかもしれませんが、移動することを考えている人には向かないと思います。

口座維持費

オーストラリアの銀行は、通常、毎月の口座維持費がかかります。約5ドルが相場になると思います。

もちろん、銀行によっては、この維持費がかからない口座を持っているところもあります。NAB銀行がその代表ですね。コモンウェルス銀行にもあるようですが、未確認です。

また、ANZ銀行のように、学生は口座維持費が無料になるというところもあります。

そのため、学生の方や、ワーキンホリデーで学校に通われる方は、学生証を受け取った後に口座開設をするのがお勧めです。

学校に通うことで、いろいろな情報が入手できて、自分に合った銀行も探しやすくなるといった面もありますしね。

口座開設

銀行口座の開設は、何かの理由で、すぐにでも日本からお金をオーストラリアの口座に移したいといったことがなければ、それほど慌てなくても大丈夫だと思います。

しかし、入国後6週間を超えてしまうと、パスポートのみで口座開設が出来なくなってしまいます。その場合、パスポート以外の身分証明書を提示する必要があります。

具体的には、パスポート(70ポイント)、現地の免許証(40ポイント)、クレジットカード(25ポイント)、電話代や光熱費の請求書(25ポイント)など、合わせて100ポイントが必要になりますので注意して下さい。

また、口座開設の際は、最初に口座に入れるため、50ドルは持っていった方が良いと思います。最近は、50ドル必要ないという話も聞きますが、オーストラリアでは、担当者によって言うことが異なる可能性が大きいので、念のための保険です。

デビットカードも同時に申し込むと思いますが、カードは口座開設後、1〜2週間で指定した住所に届きます。

PIN(暗証番号)も同じ時期に、カードとは別に送られてきます。これは4桁の数字で、ATMでお金を引き出すときに必要になります。また、PINはATMで変更可能です。

カード受け取り後は、アクティベートする必要がありますが、その方法は、電話、または支店まで行き、アクティベートしたいと伝えると、担当者がサポートしてくれます。(アクティベートするまでカードは使用できません。)

最後に

オーストラリアに来たばかりで、英語に不安がある方もいらっしゃると思いますが、特に大都市では、銀行側も慣れているので、英語に不安があること、ゆっくり話して欲しいことを伝えれば、そのように対応してくれます。

また、学校などで友達ができれば、英語が出来る友達や、すでに銀行口座を開いた経験がある人に付き添ってもらうのもよいでしょう。

シドニーやケアンズには、日本人の担当者がいる支店があるといったことも聞きました。私の経験上も、それほどナーバスにならなくても大丈夫です。

せっかく、日本から出て来られるわけですから、多少不安であっても、どんどんチャレンジしていってください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

*