《オーストラリア》豪と日本の会社/働き方の違いを比較してみた

《オーストラリア》豪と日本の会社/働き方の違いを比較してみた

今後、オーストラリアへ移住することを考えていらっしゃる方は、オーストラリアと日本の生活の違いが気になるかと思います。

今日は、この2つの国の生活の違いについて、私のケースをご紹介したいと思います。

生活リズムの違い

ここでは、平日の生活パターンに焦点を当てて、比較してみたいと思います。

ちなみに、私は日本・オーストラリア共に、自動車関連メーカーでエンジニアとして働いています。

オーストラリアでの1日

6:00  起床
6:30  家を出る
7:30  午前の仕事開始(朝食は職場で食べます)
12:00 昼食
12:30 午後の仕事開始
16:00 仕事終了
17:00 帰宅
18:00 夕食
23:00 就寝

日によって多少の誤差はありますが、だいたいこんな感じです。

今まで一番遅くまで働いたのは、20:30までですが、これは1度だけです。この1日を除くと、18:00までには必ず退社しています。

私は、早く出社して早く退社したいので、7:00〜7:30から働いていますが、人によっては子供を学校に送ってから出社するため、10:00頃に出社する人もいます。そういった人はもう少し遅い時間まで働いています。

仕事によりますが、私のようなエンジニアの仕事は、ある一定期間で成果を出せば良いので、その間の仕事の進め方は個人に任されており、とてもフレキシブルに働ける環境となっています。

※追記:忙しい時には週50〜55時間程度働くこともありますし、土曜に出勤したことも何度かあります。

日本での1日

6:30  起床
7:30  家を出る
8:30  午前の仕事開始(朝食は職場で食べます)
12:00 昼食
13:00 午後の仕事開始
20:30 仕事終了
21:30 帰宅
22:00 夕食
1:00  就寝

平均するとこんな感じだったと思います。これより早く帰る日もあれば、遅い日ももちろんありました。仕事が終わった後の自分の時間というのはとても少なく、毎日寝るのが遅かったのをよく覚えています。

オーストラリアに比べると、始業時間もほぼ決まっていたり、柔軟性はなかったですね。

日本の優れている部分は?

働き方については、オーストラリアの方が融通が効きプライベートも確保できるため、私は好きです。

しかし、日本の方が良いと思う部分ももちろんあります。

まずは、「家賃補助、交通費支給、福利厚生」。オーストラリアでは、こういったものの補助はありません。給料ですべて賄う必要があります。

次に、「健康診断」です。こちらは、日本の会社は1年に1回、健康診断を受けさせてくれると思いますが、こちらではそんなものはありません。私は、こちらに来てからビザ用の健康診断以外は受けたことがありません。。(そろそろ受けた方が良いかなと思い始めてます。)

最後に

一般的には、日本の企業より、いろいろと融通が効くのがオーストラリアの企業だと思います。

有給の日数(正社員であれば、4週間/年のホリデー、その他、病欠2週/年など)、休みの取りやすさ、時間の自由度などの待遇面はとても魅力的です。女性の場合だと、制度が整っているため、出産後に会社に復帰する人も多いです。(物価が高すぎるため、共働きでないとやってられないという説あり)

家賃などの物価が高いため、日本の家賃補助の制度があったらなんて思うこともありますが、それはしょうがないですね。。良いところがあれば、悪いところもあります。

また、私の職種に限って言うと、日本の方が同じ自動車業界でも仕事の種類が多く、多くのキャリアパスがありますが、こちらでは、それがとても少ない…私の英語力の低さも手伝って、少ないものがさらに少なくなっている。。正直言って、この先のキャリアがなかなか思い描けないことが一番の問題だと感じています。。「これってかなり大きな問題だよなぁ。。」なんて思いつつ、まぁなんとかなるかと開き直っている最近です。

スポンサーリンク

コメント & トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. By ウォンバット

    こんにちは。こちらでも感じた事を書いちゃいます。業種にもよるわけですが、40時間労働のひともいれば50時間のひともいたり私のひどいときなんていうのは64時間とかいうこともあります。オーストラリアの規準が8時間X5の40時間なので、結構な残業な訳です。それでも日本よりかいいか?っていうとすぐにYESとはいえないかんじですね。日本だとやっぱり、残業中に夜食でなにか食べましょうかーとか、タクシーで帰ったりできるけど
    こっちだとそういうことなくて、サンドイッチとかピザとか食べてもねーとおもってしまって、働く事だけではなく、その周りの環境っていうのが違って、働く事を支える根本がやっぱり欲しいな、って思いますね。
    美味しい物を食べられる食堂とかが日本には沢山あるっていうのは、やっぱりいい事なんですよね。

    • By Hide

      さっそくのコメントありがとうございます。
      私の職場も、今年はとても落ち着いているんですが、昨年までは私も週50~55時間程度働いていた時期もありました。すっかり忘れてましたが…これは後で追記しておこうと思います。
      それを含めても、私の場合は、プライベートな時間が取りやすい恵まれた環境にいるので、今のところはこちらの生活が合っているように感じています。しかし、私はこちらで働き出して2年半とそれほど長くないので、2、3年後に同じことを感じているかは私自身もわかりません。ウォンバットさんの仰るとおり、こちらで根を下ろして生活していく上で、仕事以外の周りの環境というのは大きく影響すると思いますし、長く滞在すればするほどその影響も大きいのかなとも思いますので。
      実際、こっちの生活の方が合っているなんて言っておいて、現時点で日本の食べ物だったり、便利さだったりを羨ましく思っていますしね。

  1. […] 出典オーストラリアと日本の会社/働き方の違いを比較してみた | Amazing Oz Life […]

コメントを残す

*