《日本滞在》JRパスの概要と購入、使用方法

《日本滞在》JRパスの概要と購入、使用方法

年末の日本への一時帰国中に、東京や大阪へ行く予定があるため、初めてJRパスというものを購入しました。

JRパスとは

JRパスとは、JRグループが販売している、外国から日本へ観光で来られる方(基本的には外国人)が利用可能な乗車パスです。

普通車用とグリーン車用があり、有効期間は、7日、14日、21日の3種類があります。

このパスでは、東海道・山陽新幹線の「のぞみ号」や山陽・九州新幹線の「みずほ号」は利用できませんが、その他のJR運営の鉄道やバスで利用可能です。その他、寝台車等の利用については、追加料金が発生する場合がありますので、事前に確認してください。

また、JR東日本から”JR East Pass”、JR西日本から”JR West Rail Pass”、JR北海道から”Hokkaido Rail Pass”、JR九州から”Kyusyu Rail Pass”といった、JR各社から発行されているものもあります。

このパスは日本国外でのみ購入が可能となっています。

JRパスの利用資格

利用資格ですが、短期滞在目的で日本に入国した、日本国籍以外の方、もしくは、以下の条件を満たす日本国籍保持者となっています。

  • 日本国外に居住しており、その国の永住権を保持している方
  • 日本国外に居住する外国人と婚姻関係にある海外在住者

日本国籍以外の方は、観光目的短期滞在の方で、Temporary Visitorのスタンプをパスポートに押してあることが必要。

日本国籍の方で、永住権保持者の方は、永住権を保持していることを証明する書類(パスポート内のビザラベルなど)と、日本国外に居住していることを証明する書類(光熱費や電話代などの請求書)が必要で、日本国外に居住する外国人と婚姻関係にある海外在住者の場合は、結婚証明書本人と配偶者の両名共に日本国外に在住していることを証明する書類が必要となっています。

オーストラリアはビザの電子化が進んでおり、ビザラベルを持っていない方も多いとおもいますが、Visa Entitlement Verification Online(VEVO)で確認することで証明できるようです。

注意)2017年6月1日からは、海外に10年以上滞在していることを証明する書類の提出が求められます。詳細は下記ウェブサイトを参照下さい。

JAPAN RAIL PASS

JAPAN RAIL PASS, a joint offering of the six companies comprising the Japan Railways Group (JR Group), is the most economical means of travell…

JRパスの利用方法

日本国外のJRパスを取り扱っている旅行代理店などで、購入します。その際、JRパスの引換券というものを渡されるので、日本到着後に、その引換券と利用資格の項目で書いた書類を持って、JRの窓口でパスと引き換えます。

パス購入(引換券を入手後)から3ヶ月以内に本パスと引き換える必要があります。また、引き換え時に利用開始日を設定しますが、その日付けは、引き換え時より1ヶ月以内である必要があります。その開始日は変更できません。

また、書類の不備等があると引き換えできませんので、購入の際にどういった書類を持っていけば大丈夫なのか、旅行代理店の方にしっかり聞いておきましょう。

最後に

永住権を取得してから、初めての帰国となるので、JRパスも初めての購入となりました。

帰国中に電車で観光しようと考えている方は(特に新幹線を多用しようと考えている方!!)、お得になるかもしれませんので、ぜひ購入の検討をしてみてください。念のため、実際に切符を購入する場合との値段の差は、計算しておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す

*